読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなく透明に近いふつう

やさしい鬼です お菓子もあります お茶も沸かしてございます

痴漢被害女性の話はなぜ「自慢」と言われるのか?

 

 

はじめに

話題になっている田房永子さんのコラム、私も読みました。
田房さんのコラムは毎回反響が大きく、やはり今回も多くの女性による「その通り。よく言い表してくれました!」というような賛同の声と、逆に「フェミ女の被害妄想が!」と批判するような声の賛否両論あるようでした。

今回のコラムに対して私も色々と思うところはありましたが、その内容に関してはすでに色々な方が文章を書いていますので、私はもう控えることにして、私はあのコラムにまつわる全体の流れを眺めていたらなんだか「なぜ痴漢被害女性の話は、とかく『うるせぇブス』と叩かれがちなんだろうなぁ?」ということについて考えてしまったので、それについて今回はちょっと書こうと思います。
(なお、今回は本来今月書いていた話を中断してこちらを書くので「取り急ぎ」の乱文になるかもしれません。分かりにくい箇所があったらご容赦下さい。)

私がなぜ「痴漢被害女性の書く文章はこうも批判されがちなんだろう?」と疑問に思ったかと言うと、1つは田房さんのコラム以外にもこれまで色々な女性が書いた痴漢やセクハラのような性被害を訴えた文章には必ずと言っていいほどコメント欄に暴言的なコメントが残されていたからです。
「痴漢されたと騒ぐ女はたいてい自意識過剰なんだよ。」とか「痴漢された話を自分からする神経って何なの?自慢?」とかですね。

今回の田房さんのコラムにも、Twitterでその話題になっている発言を辿っていくとやはり似たような暴言はありました。
私はこういうコメントを見ると、こういう暴言を書く人の心境が分からず「どうして赤の他人の被害体験を読み、気に入らないなら無言で去ればいいのに、わざわざ傷付くような事をサラリと書くんだろう?」と不思議に思っていました。それは腹立たしいというより、本当に「なんで?」という疑問です。

私自身も以前からこのブログで書いているように、痴漢に遭う経験は過去多くありました。
そして、現実社会で「痴漢された」と話すと、そこまで露骨に「自慢?」とか「被害妄想でしょ」とは聞かれないまでも、こちらが「アレ?」と思うような反応をされる事が時々ありました。

そういった意味では「ネット上でよく見かける痴漢被害女性の声につく暴言コメント」と私が実際に痴漢経験を話して言われた「アレ?」となる言葉達は、どちらも「なんで被害経験についてそんな事を言われるのかな?」と疑問に思う部分が共通しています。

なので私は今回改めて、なぜ痴漢被害女性の声が一部の人にとって「被害妄想」や「自慢」に聞こえてしまうのか?ということについて考えてみます。
もし私と同じように疑問に思っていた方がいましたら良ければお付き合いください。

 

私が「アレ?」と思った反応

私は今はネット上で過去の痴漢経験をまじえた文章を書いたりしていますが、現実の生活の中ではここ10数年間そういう話を身近な人にすることは滅多にありませんでした。
その理由を簡単に言うと、痴漢経験を話した相手の反応に「アレ?」と思う事に疲れたからです。
私が痴漢経験を、何の気なしに人に話していたのは20代前半の頃までです。その頃の私はまだ若くて、「人に話すことの怖さ」を知りませんでした。
だから単純に痴漢に遭った直後や、グループで話題が痴漢の話になった時に、普通に「私もこんな事があったよ」と話していました。
今思うと、痴漢経験を話す時の私がどういう気持ちで話し、相手にどういう反応を求めていたのかというと(当時はそんな意識なく話してましたが)たぶん単純に「話すことで憂さ晴らししたい。」というのと「共感されることで癒されたい。の2つだったのだと思います。
そして、話した相手も「そう受け取ってくれるだろう」と思っていました。

しかし、現実はそういうものではありませんでした。
私が覚えている「アレ?」な反応を書く前に、まずは先に私の高校時代の痴漢経験がどういうものだったかを書きます。

私の高校の制服は少し変わったデザインで、一言で言うなら「萌え系アニメに出てくるような」制服でした。
そのせいもあるのか、周りにも「痴漢された」という女生徒が多かったです。
痴漢というと電車を連想する方が多いかと思いますが、私は自転車通学をしていましたが、痴漢によく遭いました。
通学路で後ろから低速で車に後を尾けられるのは日常茶飯事で、それも1人の時じゃなくとも、朝からでも、あることでした。
高校に入ってその細い小道である通学路を使うようになって、はじめの何度かは、延々と車にノロノロ運転(自転車を追い抜かない速度)で後をずっと尾けられても「車にとっては抜け道なんだろうな。自転車が邪魔で追い越せないんだな。」と思っていました。
しかし、そういう低速尾行車の半分くらいは、こちらが一旦道の脇に自転車を止めて先に行かせても、100mほど先で停車していて結局またこちらが追い越すことになり、しばらくしてまたこちらが止まって車に追い抜いてもらい、それを繰り返しながら大通りに出るまで3kmくらいノロノロと追いかけっこを繰り返すという具合でした。
私ははじめの何度かは、このような車の動向の意味が分からなかったのですが、数回目の時に停車している車の横を通りながらふと運転席を見ると、運転手の男性は股間に手をやり上下に動かしていたのです。
その瞬間、ゾッとするのと同時に「なるほど」と思いました。
ようするに怪しい車の運転手はそういう目的の為にいつも通学路を使っていたんですね。


謎が解けたと同時にそこから私の痴漢被害ライフは始まりました。
残念ながら私の住む街は小田舎なので道を変えても、そんな細い道はどこでもあり、大通りだけでは学校に行けず、どの小道にもそうした怪しい車はいました。常連の車もいましたし、1度きりの車もいましたし、数ヶ月おきの周期的に現れる車もいました。

正確な刑法では、このような「低速尾行だけ」は「痴漢」と見なさないのかもしれません。でも、こうしたノロノロ車のうちの半分くらいは「なにか」をしてきました。

ノロノロと自転車の横に来てクラクションを鳴らしてわざと裸の陰部を見せて走り去ったり、車窓から「道を聞きたいんですが」と声をかけられ、膝に地図を広げた男性の地図をよく見ると器用にまぁるく地図に穴を開けて「こんにちは」といわんばかりにモノを突起させて無表情で道の話をする男性がいたり、つまりそういうノロノロ車に尾けられている段階では事が起きるか起きないかは起きてみるまで分からなくて、その数十分間の怖さは「事が起きる時も未遂の時も同じ」なので、私の中で「低速で長距離を尾けてくる車=痴漢と同じ怖さ」にカウントしてしまいます。

ちなみに大人になって自分が車を運転をするようになって新たに分かったのは、本当に細い道だと脇に退避スペースが現れるまで仕方なく自転車をノロノロ追う形になる時がたしかにあるのですが、その時の運転席からの眺めって、なんというか実に視覚的に「狩り」っぽい気がするんですよね。

自転車に乗っている人は別にこちらから逃げてるわけじゃなく、ただのその人の進行方向なのに、なんとなく「私が追いかけるので、この自転車が逃げてる途中」みたいな感覚に陥るんです。

大きさ的にも「大きな車で細っこい自転車を追う」感じが「自分が大きな動物で、小さな獲物を追ってる状況」に錯覚しやすい感じ。

私はそういう時「あ~急がなくてもいいですよ~すいませんね~。」と申し訳なくなり心で謝ってるのですが、可虐心の強い人にとってはこの状況は楽しめるものになるんじゃないかと思います。

だから私の通学路にあんな頻繁に怪しい車がいたのは、そういう車の運転手達が、接触はしてこなくても「目の保養」くらいの気持ちで気軽に通学路に現れて気が済むまでその眺めを楽しんでいたからじゃないかと、推測ですが思います。


あと、高校時代には、他にも「痴漢にカウントするのか」が、いまだに謎な経験が多々ありました。
制服でコンビニのトイレに入ろうとすると、トイレ入り口の狭い空間でぶつかるように体を滑り込ませてくる男性がいたり、電車に乗ると隣の男性が腕組みをしながら居眠りをしていて、その握りこぶしがさりげなくグイグイ押してきているような事はよくあり、こういうのは「痴漢なのかそうじゃないのか非常にグレー」なのですがハッキリと「痴漢された!」と思う経験より、こういう「グレー経験」の方がとても多く、当時は慣れてしまい普通のことのように思っていました。

でも制服を着なくなると格段にそういうグレー経験は減ったので、今思えばそれらも、そういう事をする男性が「女子高生」の私にセーフな範囲での接触を試みた行為だったのかなと思えてきます。

私の高校時代の痴漢経験は、こうしたグレーのも含めて「痴漢経験」とみなすのならば痴漢は週3回はあることで、登校時&下校時と1日に2回遭うこともありました。書いてないケースもあといくつかありますが省きます。


さて、それで痴漢経験を話した時の「アレ?」と思った相手の反応というのは、まさに学校帰りにそういう車の運転手の1人に陰部を見せられた時の後の事です。

その日は下校後すぐバイトの予定だったので、私はバイト先に着くと思わずバイト先の店長(40代のおじさん)やバイト仲間に「今、そこで痴漢に遭ったわ~」と話しました。
私が事の詳細を話すと、同じ通学路を使っていて女子高生である数人のバイト仲間は「あの道?あそこ特にひどいよね!」とか「こわいね~ヤダ~」というような反応でしたが、店長はひとしきり女の子達が話を終えるまでニヤニヤしながら聞いた後に「そんなの、握りっ潰しちまえばよかったんだよ(笑)」と笑いました。
私は「は?」と思いました。
店長にとっては冗談なのでしょうが、なんで「仕返しの方法」が「見せられるだけで不快なモノに触って握る」なの?と、その発想は本当に訳が分かりませんでした。
女の子達は店長の発言に対し「ヤダ~」「きも~い」とキャアキャア言いましたが、店長はそのキャアキャアさえ嬉しいというような満足気な表情で、さらに「桜島みたいな女っ気のないのでも、そういう目にあうんだなぁ(笑)」と言ってきました。
私はショートヘアで、顔も地味で、自分でも確かに「女性性」とか「美少女」という要素が全くない自覚があったので、「確かにそれはそうだけど…」と思ったのですが、店長の言葉に「え、こんな反応あるんだ…」という感じで、その時はショックまではいかないものの「思ってたのと違う反応だ」ということに、モヤモヤしました。
そして、こういう風に私が「アレ?」となる反応は他にもありました。

登校時に車に尾けられ、車を撒くために大通りに迂回していたら学校に遅刻してしまった時は、教育指導の男性教師に「なんで遅れたんだ?」と聞かれたので私は「変な車に追いかけられて逃げてたので…」と言いました。すると教師は即答で「お前がそんな短いスカートを履いてるからだ」と言い、その後に「…で?何かされたのか?」と聞かれました。
その時の男性教師の目には、ただの「聴き取り調査のため」とは違う、彼の「内なる好奇心」みたいなものが感じられました。
これこそ「それはお前の邪推だろ!」と言われればそうかもしれませんし、教師の思惑がどうだったのかなんて本人以外にはわからないのですが、店長のニヤニヤも男性教師の「…で?」の言い方のニュアンスも、対面した私が「アレ?これは慰めとは違う何かだ。」と思ったのですから「そう感じた」と書かせてもらいます。
また、これは話す相手が男性に限って起こることではなく、女性同士と思って油断して痴漢話をすると「それだけ魅力的って事だと思えばいいじゃないの~」とか「女は狙われるうちが華よ~」という「なにそれ?」な反応が返ってくる事もありました。
「赤の他人にむやみに性的興奮材料にされたことを、どうして好意的に受け止められるの?この人は自分がされてもそう思って来たの?」と私はまた「慰めとは違う反応をされた」ということが不思議に思えました。

そういう、痴漢経験を話した時に相手に「なんか変なこと言われた。」と思う回数は、歳を重ねると徐々にたまっていきました。

当時は若かったので、自分の感じたその「何か変な感じに受け取られてる。」の正体がなんなのか分からなかったのですが、すごく後になって(20代前半くらいに)それを表す言葉がいわゆる「セカンドレイプ」だと知りました。

私が無邪気に痴漢被害経験を話す時、それが聞く人に寄っては「同情」や「いたわり」の心を産むものではなく『「性的刺激を誘うエンターテイメント」のようなものになってしまう事や、「若さ・魅力自慢」に取られてしまう事がある。』
そのことを知って初めて私は「人に話すことの怖さ」を知りました。


しかし他人がそれぞれ人の話に対して「何を思いどう反応するか」を強制することはもちろん出来ません。
痴漢経験を話した相手が、私の思った通りに「憂さ晴らしをただ無心で受け止めて」くれたり「可哀想に思って慰めて」くれなくても、それは仕方がないことなのです。
私は自分の望む反応だけを他人に期待する私のほうが間違いなのだと気がつきました。
それで私はそれ以降、現実の生活では痴漢経験を話すことは滅多にしなくなりました。
痴漢経験を話して「この人には、なんか違う受け取られ方をされた」と思うことは、痴漢被害そのものよりレベルは低くても、小さく心が傷付くことだからです。
小さな心傷も溜まれば心がやさぐれますから、私はその心傷を増やしてまで人に話す事じゃないと自分で判断しました。

今の私が文章で痴漢経験を書く理由

そういった訳で私はここ10数年間は現実でもネット上でも自分の痴漢経験を語る事はなるべく避けてきました。
しかし、自分もブログを始め、ネット上で他の女性達の痴漢経験の話を読む機会が増えるようになると、自分の痴漢被害のピークは過ぎたものの現時点で被害のピークにあたる年齢の子達が可哀想に思えてきました。

それがどういう事かというと、私の高校生時代はネットが無かったので、身の回りに情報が少なくて、そもそも自分がされてる事が「痴漢」なのか何なのかすら分からず、グレーな事にはそのつど「嫌だったけど、わざとじゃないのかもしれないし…」と良い方に考えれば、世の中がそんなに悪い男性ばかりじゃないと思えました。
明確な痴漢は居ても、それはごく一部の人で、グレーな事をしてきた人には「シロ」だと思い込むことが出来たのです。
また、今に比べて世の中に「女子高生」を性的視点で見ることがまだ一応「いけないもの」という認識があったように思うので、私は世の中の男性に対して希望を持つことが出来ていました。

それが、今はネットで簡単に「JKにこんなことしてやった」とか「電車でJKの髪の毛の匂い嗅いだった」というような、明らかに「性的興奮を得るためにグレーな事に及んでいる」成人男性の自白を読むことが出来てしまいます。
また、コンビニでも女子高生ものの成人向け雑誌があったり、バナー広告も制服を着た少女の姿が溢れていたり、それらの大人による『女子高生は俺らにとって充分性対象ですよ』という事実を女子高生自身に突きつけるものが、昔より当たり前のように世の中に溢れてしまっています。
これでは今の女子高生にとって「グレー」をシロと思い込むことはとても難しく、この中で時に実際にグレーな事をされ、時に明らかな痴漢をされていたら、女子高生が世の中の男性を「シロ」と思う材料が少な過ぎて、男性全体に希望が持てなくなってしまうんじゃないかと思うのです。

「世の中には善良で素晴らしい男性がいるという事実」は、本来なら女の子自身が良い恋愛経験をしたり、良い対人関係を築きながら徐々に各々の人生で知っていく事だと思います。
そしてそれは、わずかにでも女の子自身に「異性への希望」がないと、まず異性との一般的な対人関係を作る事すら難しいのです。

それなのまだろくに社会に出ておらず異性に対する希望が未確定の幼い少女のうちに「クロ」の経験ばかりを積まされる今の女子高生達は、本来なら順当に築いていけるはずだった男性に対する希望の芽を摘まれ、しかもそれは「どこかの誰かの一時の性的満足を得る為の道具にされた結果そうなってしまう」というのでは、あまりにも可哀想だなと私は思うわけです。

なので、昨今の「幼い少女を大人が性的視点で露骨に見る習慣や、あまつさえ実際に性対象として接近して何らかの痴漢行為を働くことが頻繁に起きる社会」は、今後の世の中に男性不信や男性嫌悪の女性を新たにどんどん作っていく事態だと思います。
これは、女性にとって悲しいばかりでなく男性にとっても悲しい未来だと思います。
若い頃に性的な被害を受けるとその心の傷は、少女にとって一生ものの男性不信を植え付けることになりかねません。
女子高生に対して痴漢や、それに近いグレー行為をギリギリで楽しんでいる男性にとっての女子高生は、「一時の快楽の為の道具」かもしれません。
でも、どの女の子も心を持った、その先の一生を明るく過ごす権利のある人間なんです。


「女子高生可愛いな~俺は女子高生好きだな~」と思うなら、どうかその彼女達を性的な道具ではなく、人として尊重して欲しいです。

というわけで、私はこんなような事を言う時に、この想いが自分の経験からの願いだという事に説得力が少しでも増すために、ここ最近は自分の痴漢経験をネット上では書くようになったのです。
男性が女子高生をそういう目で見る事に対して批判的になるのは、けして「ババアは男が若い女を追いかけると自分が見向きされないからって批判してんだ」ではないのです。

なぜ痴漢経験談は自慢だと思われてしまうのか?

さて、ここからまた本来の疑問に戻ります。
さきほど私は、過去に気軽に痴漢経験を話していた頃、好奇心から状況を根掘り葉掘り聞かれたり、なんだか謎のアドバイスをされたり「女にとって勲章でしょ」と言われたり、とにかく私の思惑通りに「痴漢経験が辛いものだった」という受け止められ方をされなかったことが不思議だったという話を書きました。

このたび改めて、暴力的なコメントをする人の心境も含めて「なんであの人達にこの辛さが伝わらなかったんだろう?」と考えてみたのですが、ひとつ思ったのは、そういう伝わらない人達が「そもそも痴漢に対して大きな勘違いをしている」可能性です

それは、どういう勘違いかと言うと「痴漢=男性から見てそそる女に対して行なわれる行為」だという思い込みです。
これは確かに、完全なる間違いではないのですが、私からすると「そうとは言い切れないんだよな…」という部分があります。

もちろん単純に、お婆さんとかいかにもオバちゃんオバちゃんした中年女性がほとんど痴漢されないことから分かるように、「ある程度の容姿、年齢」がクリアしてないと痴漢は起きないという事実はあります。
だからこそ「痴漢=それなりのリスクをかけて挑むからにはそれに見あう獲物を狙う」という一般的な人の考え方が成り立つのだと思いますが、しかし、それよりももっと深いところに痴漢本人と、被害者女性にしか知りえない「真実」があります。

それは、痴漢行為をする人にとって獲物に対して重要な条件は「女としてそそる・そそらない」ではないことです。

では何が最重要条件なのかということについては後で詳しく書きますが、
私は自分が痴漢されるようになった当初は、他の人と同じように「やっぱり可愛い子とか綺麗な子を狙うんだろうな」と思っていたので、実際痴漢に遭遇してみて「痴漢はなんで私のようなボーイッシュな女に??」と思いました。
その頃の私の中にあった「痴漢をされる女の人」というのは、志村けんが変なおじさんのコントで最初に近づいて行き「何この人~?きゃあ~」と言う役のあの、2人くらいのボディコンでワンレンの女の人のイメージでした。
つまり男の人が痴漢したくなるのは「髪の長い、スタイルの良い、可愛い綺麗なお姉さん」だと思っていたのです
なので、女性としてまだ体裁の整っていないちんちくりんな自分がそのお姉さん役に配役された事が「???」でしかありませんでした。

多分、店長がニヤニヤしていたのも「お前みたいなのも狙われるんだなぁ」も、この「変な配役」に対しての率直な感想だったのだと思います。
また、高校教師が私に事情聴取した時にどこか「好奇心」が見えたのも、こういう「いかにもそそる」ではないただの女生徒にそそられた痴漢の心理について「どれどれ、痴漢の男はこの女生徒のどこにそそられたっていうんだ?」という目で私を検分しようとした結果なのではないかと思いました。
さらに、歳上の女性が「魅力的ってことよ。」などと言ったのも、まさに「あなたも男性から見てそそる女の役が回ってくる年頃になったのよ。(でもそんな事を自慢できるのは今だけよ)」という意味だったのかなと思います。

このように「痴漢された=そそるイイ女認定」だと思っている人達には、いくら痴漢が辛かったと訴えても、通じません。

なぜなら彼らは痴漢の真実を知らないので、「辛かった」という目の前の女の言葉よりも、古来からの思い込み「そうは言っても所詮、人間とは異性に欲情されることは嬉しいものである。そそる女しか男は相手にしないものである。」という一般常識のほうが信じやすいからです。
だから辛さの訴えを受け止めるよりも「でもちょっとは嬉しいんでしょ?だから結局自慢なんでしょ?」という感想を持たれてしまうのではないか、と私なりに答えを出しました。
うまく説明出来たかわかりませんし、私なりの解釈なのですが、痴漢経験談に対して「痴漢の話して何がしたいの?自慢なの?」と本当に疑問に思う人が1人でも納得できて、今後「ただ受け止めたり、慰めたり出来る側」にまわってくれたら幸いです。

 

痴漢が獲物を定める時の第一条件とは?

 では先ほど後回しにした「痴漢にとって獲物にする女性の最重要条件がなんなのか?」ということが残っていますのでそれについて書きます。

私は高校生になって、自分のようなそそらない女でもなぜか痴漢をされるという事を嫌というほど思い知り「そそる・そそらない」があまり関係ないという所は身をもって実感しました。
では「そそる、そそらない」より痴漢にとってさらに重要なものがなんなのか?考えたのですが、おそらくそれは

保身です。

私がこの事を分かるようになったのは、もう大人になってからでした。
大人になって、周りの色々な男性を見ていると、男性にとって社会的地位がどれほど大切なものか分かりました。
そして、痴漢は犯罪なので捕まれば社会的地位を失う大変リスクの高い行為です。
私は痴漢をしたい男性は、もしかしたらその社会的地位をかけた「賭け」のようなスリルすら、性的興奮に加味して楽しんでいるのではないか、と思いました。
そして多くのギャンブル依存者が、あまり一点買いの大穴狙いをせず、長くギャンブル生活を続けるためにある程度頭を使って「手堅いところ」を攻めるのと同じ心理で、痴漢をする人も、きっと「手堅い獲物」を狙うのです。
だから、痴漢にとっての獲物の最優先条件はズバリ「捕まらないこと」=「騒ぎそうもない獲物であること」なんだと思います。

そして、それをクリアしていてなおかつ女子高生が好きな男性にとっては「制服を着ていること」が第2条件に来るんです。
彼らは恐らく女子高生1人1人を人間とは思っていないので「制服」という記号を身につけた女の子であれば、本当に著しく見てくれが悪くない限りは狙います。
ブスでも地味でも髪が短くても色黒でも運動部でも、狙います。特に細めで小さい子ならなおのこと狙います。
もちろん、その中でもより可愛い子のほうが望ましいのでしょうが、可愛い子は「どこかギャルっぽい要素がある子」だったり「世慣れしていそうな子」だったりして「騒ぎそうもない」という条件を満たさない事が多いです。

普通の一般的な感覚なら、「どうせ危険を冒してまで触るなら可愛い子に決まってんだろ」なのですが、痴漢はその「危険を冒して」の危険値を最大限まで落としたいのです。
だから分かりやすく言うと、女子高生であるという条件を満たしてさえいれば、その中で「可愛い」という贅沢オプションを付けるより「騒ぎそうもない」という安全オプションを付けたがるのです。
痴漢は「そそるそそらない」より「安全第一」なのです。

そう思うと痴漢をする人は、自分は見知らぬ女の子の人生に一生ものの傷をつける行為をしながら、自分の人生は守りたいという本当に本当に卑劣極まりない神経の持ち主だと思います

 

これは全部私の憶測ですから「一理ある」と思い、信じたい人が信じてくれればいいです。
ただ、女の子で「私なんて痴漢に狙われないよ~」と思って無用心に生活している子には親心で「ちゃんと気をつけて!」と言いたいです。
私も本当に自分が狙われるなんて思ってなかったのに被害はあったし、周りの痴漢被害者の子も結構みんなはじめはそういう「私なんて平気でしょ」という油断から、夜道を一人歩きしたりして被害に遭ってます。

あなたは「私なんてブスだし、周りにもっと可愛い子いっぱいいるし…」と思ってても、大人になった私から見ると女学生って若い女の子って、本当にそれだけで全員とてもとても可愛いものなんです。全員じゅうぶん気をつけて貰いたいです。
もちろん気をつけない女の子が悪いのではなく、悪いのは当然痴漢をする大人なのだけど、そういうことを用心しないで済む理想の社会にはまだまだ現実は追いついてないので、仕方ないけど頑張って自衛して下さい。

 

最後に

というわけで、初心に戻りまして、まとめます。
今回は「なぜ痴漢被害女性の話は、こうも『うるせぇブス』と叩かれがちなのか?」という疑問に始まったのですが、その答えを端的に言うならば
『痴漢経験者と未経験では「痴漢の獲物になる女性像」に違いがあるから』ということになりますかね。
未経験者が痴漢経験談を聞く時「やれやれ、またどっかのクソブスが少しの事を痴漢されたと騒いで、自分がモテるって言いたいわけ?」と思うのは「クソブスが狙われないと思っているのと、狙われるのは女にとってありがたいこと」だと思っているからだと思います。

本当はクソブスでも「弱そう」なら狙われますし、痴漢に狙われるのは女にとってありがたくもなく、一時の性的興奮材料として認定されるという人として最も屈辱的な事です。
そこは本当に多分、痴漢に遭った女性のほとんどが「屈辱的」と感じていると思います。

女性の中で、たまたま周りに酷い男性ばかりの環境にいたり、性被害の経験があったりして、世の中男性全部が不信で男性嫌悪の人がいますが、男性にも同じように女性に対して「いつも悪いのは男だって顔しやがって。」みたいに、女性全体を嫌悪する人がいます。

 

私はみんな仲良く幸せにくらせる社会を望んでますけども、そういう人たちにまで「まぁまぁあなた方仲良くしなさいな」とは思いません。

その人たちはおのおの異性から酷いことをされて、異性全体に対する恨みが一生消えないほどに残っているわけなので、それを他人が簡単に「もう水に流した方が楽だよ」なんて言うのはその人の傷を「こんなの浅い浅い!」と軽視している行為だと思うからです。

酷いことをされた人の心に一生消えない恨みが残るのは人の気持ちとして理解できるので「和解しなさいなー」なんて私は思わないんです。

ただ、いくら恨んでも恨まれても互いに人間ですから寿命まではおなじ世の中に生きていくわけです。なので、せめて「関わらないで」生きていけばいいと思います。

だから「何を聞いても女の話はムカつくんだよ」というような男性は、今後誰かの痴漢経験談を見たり聞いたりしたら「慰めてあげたり」とか「肯定的な事を言ってあげたり」なんて願わないので、せめて「黙って立ち去ってあげて」欲しいです。お願いします。

今回、痴漢について女性側からの意見をつらつらと書くことで「被害話ばかりで、痴漢冤罪についてどう思うんだ?」みたいな事言われるのかなーとも思うのですが、それは私が書くことではなく、痴漢冤罪被害について思うところのある人が書くべきことだと思います。
私は痴漢に限らず「冤罪」は、まぁ許せません。
でも、痴漢被害の話をする時に「そうは言っても冤罪被害だって多い!」という言葉で痴漢被害の話をかき消されるのを見かけると「その話は違う話だよ。」と思います。
世の中には痴漢冤罪被害もあるし、痴漢被害もあります。
2つは全く別の話だから話す時は分けて話そうよ、という感じです。
今回私から出来るのは痴漢被害談の話です。

私はこれからも現実生活では多分こういう話をしないと思います。
誰が「自慢?」という反応をするか分からなくて、身近な人にそれをされる時の失望感が怖くていまだにそれは出来ません。
それでも、ネットにこういう文章を書くのは、まぁこれを読んで多少誰がが納得したり慰められたりすればいいかなという気持ちからです。

特に既に若い女の子で男性に痴漢や性暴力をされて「男の人が怖い、嫌い」と思ってしまっている子に、私は「全部の男の人が悪い人じゃないからどうか希望は捨てないでね。」と伝えたいです。

ついた傷が深いとなかなかそう思えないかもしれないけど、どうか希望を持って生きて欲しいと、元女子高生だった女が今の女子高生に思います。

あと、これを読んで改心するような人は初めから痴漢などしないと思うのですが、それでも痴漢予備軍というか「もし機会があれば…」なんて、ことを思ってる男性がいたら本当にやめて下さい。本当にやめろ。


ちょっと、と言っておいてまた長くなってしまいましたが最後までお読み頂いた方はどうもありがとうございました。